トップ > くすりの正しい使い方 > 薬の正しい使用方法 > 薬の上手な保管方法

セルフメディケーションってなに?から、実践するためのOTC医薬品の正しい使い方を解説。ぜひお子様や高齢の方など、家族みんなで薬と上手に付き合う方法を学び、健やかな毎日を送る一助としてください。

薬の正しい使用方法 薬の上手な保管方法

ポイント1 直射日光が当たる場所、高温・多湿な場所は避ける
  涼しい場所に保管しましょう。
ポイント2 子どもの手の届かないところに保管
  誤って飲んでしまわないよう、子どもの手の届かない場所に保管しましょう。
ポイント3 外箱や袋、説明書は使い切るまで大切に保管する
  使用上の注意などがいつでも確認できるよう、外箱や説明書はすぐに捨てず、薬を使い切るまで保管しておきましょう。
ポイント4 年に1度は薬箱を整理する
  薬箱にどんな薬が入っているのか、使用期限を過ぎていないかなど確認しましょう。
ポイント5 他の容器に移しかえない
  誤用や品質の変化の原因になるので、薬袋や外箱から他の容器に移すのはやめましょう。
ポイント6 農薬、殺虫・防虫剤と同じ箱に入れない
  農薬や殺虫・防虫剤は間違って口に入れてしまうと大変危険です。薬と同じ箱に入れないようにしましょう。

薬の捨て方
薬を捨てるときは容器から取り出して廃棄します。
  錠剤や軟膏などは紙や封筒に包んで可燃ごみへ。エアゾール剤や噴霧剤は、容器に書いてあるガス抜き方法により中身を出し切ってから捨ててください。その際、火気のない屋外で行いましょう。
薬の容器・包装には識別マークの表示があります。
マークをよくみて、地元自治体の分別方法・収集に従い廃棄してください。

  このページのトップへ▲