タイトル  タイトル
タイトル
 健康フォーラム

朝日健康・フォーラム

第3回朝日健康フォーラムを開催

「21世紀のクスリ学」
―正しいセルフメディケーションのすすめ―

 平成13年4月12日(木),朝日新聞社との共催で,第3回朝日健康フォーラム『21世紀のクスリ学〜正しいセルフメディケーションのすすめ〜』を藤本義一氏、京極三朗氏らを講師に迎え大阪で開催されました。

 当日は、新聞の広告を見て応募した大勢の方々が来場し、最後まで講師の発言に熱心に耳を傾けていました。
  第一部の藤本義一氏による講演「クスリの町・道修町の文化と発展の面白ばなし」では、道修町の町名の由来を『腹痛のクスリが沢山あって、どうしようかいなと、迷ってしまうことから、道修町となったのでは……』と言った珍説も紹介されるなどユーモア一杯の講演に、会場は爆笑の渦に巻き込まれることもしばしばでした。

  第1部の詳細を見る⇒クリック
  第2部の詳細を見る⇒クリック
 

▼作家 藤本氏

 第ニ部では、第一部に引き続き藤本氏に加え、薬事評論家の京極氏、当協会副会長の松吉氏(中外製薬)の3名をパネラーに、「目からウロコのクスリ学・21世紀の大衆薬とは」のテーマでパネルディスカッションが行われました。


▼パネルディスカッション出席者

▼作家 藤本氏

▼薬事評論家 京極氏

▼当協会副会長 松吉氏

▼朝日放送 中濱さん

今後の企画・運営についてご意見ご提案等があれば協会事務局までご一報下さい。

  • プログラム  
第1部 記念講演
テーマ 「クスリの町・道修町の文化と発展の面白ばなし」
講 師
藤本 義一(作家)
第2部 パネルディスカッション
テーマ 「目からウロコのクスリ学・21世紀の大衆薬とは」
パネリスト
藤本 義一(作家)
京極 三朗(薬事評論家・薬剤師)
松吉 省三(日本大衆薬工業協会副会長)
総合司会 朝日放送・女性アナウンサー