トップ > 協会の活動 > 協会ニュース一覧 > 虫よけ剤(ディート製剤)の使用に関する注意について

おくすりに関する様々なニュースや、日本OTC医薬品協会の活動についてのご案内です。
協会ニュース 2005.9.12
虫よけ剤(ディート製剤)の使用に関する注意について
平成17年度8月24日付で厚生労働省医薬食品局安全対策課より虫よけ剤(ディート製剤)に関して注意喚起がされました。
一般消費者におかれましては以下の「お知らせ」をよく読み適正に使用されてください。

お知らせ
虫よけ剤(ディート製剤)の
使用に際してのご注意
お客様各位
今般、厚生労働省において「ディート(忌避剤)に関する検討会」が開催され、思わぬ事故を防止するため安全対策が取られることになりました。虫よけ剤(ディート)は世界中で広く使われておりますが、外用剤で使用方法や濃度等の記載が不明確な製品もあることから、今回、小児に対する使用回数等の適正な使用方法を記載することとなりました。
詳細につきましては裏面の事項をご覧ください。

虫よけ剤の使用上の注意(追加事項)
子供(12歳未満)に使用する場合には、保護者の指導監督のもとに以下の回数を目安に使用すること。
・6カ月未満は使用しないこと。
・6カ月以上2才未満は、1日1回
・2才以上12才未満は、1日1〜3回


漫然な使用を避け、蚊、ブユ(ブヨ)等が多い戸外での使用等、必要な場合にのみ使用すること。

目に入ったり、飲んだり、なめたり、吸い込んだりすることがないようにし、塗布した手で目をこすらないこと。万一目に入った場合には、すぐに大量の水又はぬるま湯でよく洗い流すこと。また、具合が悪くなる等の症状が現れた場合には、直ちに、本剤にエタノールとディートが含まれていることを医師に告げて診療を受けること。

お知らせ(word)

販売店各位におかれましてもご販売に際し情報提供の程よろしくお願いします。

販売店向けお知らせ(word)
虫よけ剤(ディート製剤)の記載様式(参考)(word)
  このページのトップへ▲