トップ > おくすりQ&A > おくすりの種類で選ぶ / 便秘薬

お薬で困ったことや疑問などをおくすりの種類別にご紹介しています。
また、「使用上の注意ガイドブック」では、おくすりの服用時における使用上の注意とその解説がPDFファイルでご覧いただけます。
便秘薬 症状別アドバイス「便秘」


便秘薬(緩下剤)を就寝前に服用しましたが、効果が見られないのですが?

服用した薬は小腸で食物と一緒になり大腸に運ばれます。 食事の内容がタンパク質に富んでいると大腸に届くまでに約6時間、脂質を多く含んでいる場合は約8時間かかると言われています。
また、お客様の体調や体質などには個人差がありますので、大腸に届くまでの時間が異なり、排便時間が遅れることもあります。
1週間程継続し、改善傾向や何らかの効果があるようであれば引き続き服用いただき、効果が見られない場合は医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

便秘薬を服用しています。便の色が黒色がかった緑色になったのですが、この薬のせいでしょうか?

便秘薬に配合されている薬剤(成分)や食事などの影響によって便の色が変わることがあります。 特に「参考」に掲げる薬剤を服用(併用)すると黒色や緑色の便になることがあります。
原因は薬剤(成分)そのものの色であったり、薬剤(成分)が体内で変化して起こることがありますが、多くは一時的なもので、便秘薬の服用を中止すると正常にもどります。
なお、黒い便が続くようでしたら胃・腸管などからの出血の可能性も考えられますので、早目に医療機関を受診してください。

<参考>便の色が変わる薬剤一覧
黄 色 大黄末、センナ、サントニン
黒 色 ビスマス剤(次硝酸ビスマス、次没食子酸ビスマス)、鉄剤、プロトポルフィリン二ナトリウム、薬用炭、アスピリン、ヘパリン
緑 色 インドメタシン、銅クロロフィリンナトリウム配合剤
赤 色 セフジニル、テトラサイクリン、フェノールフタレイン系緩下剤、ペンタゾシン、センナ
橙赤色 リファンピシン
灰白色 硫酸バリウム、乾燥水酸化アルミニウム・ゲル、合成ケイ酸アルミニウム(ノルモザン他)、バルプロ酸ナトリウム徐放剤
  このページのトップへ▲