トップ > おくすりQ&A > おくすりの種類で選ぶ / 皮膚保湿薬

お薬で困ったことや疑問などをおくすりの種類別にご紹介しています。
また、「使用上の注意ガイドブック」では、おくすりの服用時における使用上の注意とその解説がPDFファイルでご覧いただけます。
皮膚保湿薬 症状別アドバイス 「乾燥肌」


乾燥肌を治療するためには、病院に行けばいいですか?

加齢や環境が原因で起こる乾燥肌は、通常きちんと保湿クリームなどで保湿すれば改善されます。ただし、湿疹ができた場合等には、OTC医薬品などで症状を改善することも可能ですが、症状が改善しない場合には医療機関に相談してください。

保湿剤は、どれくらいの量を塗れば良いですか?

成人の手のひら2枚の面積に対して、0.5g使用するのが目安です。 0.5gの目安としては、成人の人差し指の先端から第一関節までの長さをチューブから押し出した量になります。

乾燥肌と湿疹で悩んでいます。保湿クリームとステロイド外用剤を一緒に混ぜて塗っても良いですか?

保湿クリームとステロイド外用剤を混ぜると、それぞれの製品に変化を起こしたり、お薬の作用が増強される可能性があります。湿疹のある部位にはステロイド外用剤、その他の乾燥した部位には保湿クリーム、というように別々に塗ってください。
  このページのトップへ▲