トップ > 協会の活動 > 国際交流 > アジア太平洋セルフメディケーション協会(Asia-Pacific Self-Medication Industry, APSMI)の概要

  • 協会の活動/国際交流アジア太平洋セルフメディケーション協会(APSMI)

アジア太平洋セルフメディケーション協会(Asia-Pacific Self-Medication Industry, APSMI)の概要


1. 設立
2010年11月

2. 設立の目的
アジア太平洋地域で、信頼できるセルフメディケーションを振興して、消費者向けヘルスケア業界、特にOTC医薬品業界の発展に寄与すること。

3. 会員
アジア太平洋地域でOTC医薬品の製造業または一次販売業に係る国・地域業界団体7団体、及びこれを業とする会社7社を会員とする(2020年6月現在)。日本からの参加団体は日本一般用医薬品連合会。

4. ビジョン
アジア太平洋地域において、消費者、医療従事者及び規制当局にとって信頼できるセルフメディケーションの環境を形成する。

5. 使命
APSMI会員が次を通して健全なOTC医薬品市場を形成することを支援する。
  1. 消費者が、信頼できるセルフメディケーションを実践できるように知識や方途を与え、これをヘルスケア供給体制の不可欠の要素とする
  2. 医療従事者にセルフメディケーションに関与することを促す
  3. 規制当局と協力して、OTC医薬品に適した規制の実施を推進する

6. 事務局
一般社団法人アジア太平洋セルフメディケーション協会(2019年4月1日設立)。
所在地:日本OTC医薬品協会内。

7. ホームページ